コメント(0)
皆さん歯磨きをする際はどのように磨くでしょうか。
おそらくほとんどの方は普通のブラシが付いている歯ブラシで磨くと思います。
ちょっと歯磨きに気を使っている方は、電動歯ブラシなんかを使っている方もいると思います。
しかし、ブラシで取れる汚れには限界があります。
よっぽど細いブラシでない限りブラシが歯の隙間に入らないため汚れを取りきることができません。
そんなときにおすすめしたいのがこちらの商品です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00A2MGTVK/ref=ox_sc_act_title_3?ie=UTF8&psc=1&smid=AN1VRQENFRJN5



こちらの商品の大きな特徴はブラシではなく水で歯を磨くという点です。
イメージとしては壁の汚れを取ったりする際に使用するケルヒャーみたいなイメージです。
あんな感じで歯の汚れも取っていきます。
水で歯を磨くメリットですが、まず歯磨き粉を使う必要がありません。
普通の歯ブラシで歯を磨く場合、歯ブラシだけでは汚れがあまり取れないため歯磨き粉を使用する必要があります。
しかし、この商品では水の威力が強く歯磨き粉を使わないでも十分に歯の汚れを取ることができます。
また水なので、歯の隙間にも入りしっかり汚れを取ってくれます。
それに加え歯茎のマッサージもこの商品は向いています。
歯磨きにとことんこだわりたい方はぜひとも買ってみてはいかがでしょうか。

コメント(0)

2015年ごろからメディア等にドローンが取り上げられるようになりました。
ドローンとは個人で扱える小型飛行機のようなもので、カメラが搭載されているものだと上空からの景色を撮影することも可能です。
しかし、ドローンは値段が高いものが多く大体5万円~10万円のものが多いです。
それでもドローンで遊んでみたいという人のために今回は1万円以下で買えるドローンを紹介します。
それがこちらの商品です。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LWLJ4EG?psc=1


こちらの商品の特徴としてまずスマホでドローンが操作できるようになっています。
ドローンの操作画面とカメラの映像がスマホの中に収まっているため、非常に操作がしやすいです。
カメラについてですが、720pHDのカメラを搭載しているので、かなり高画質の動画を撮影することができます。
またドローンには飛行時の規制法が決められています。
その規制法は200g以上のドローンを飛行禁止エリアや夜間に飛行させることが禁止されています。
このドローンは期待が51gであるためそういった規制は気にせずに遊ぶことができます。
ただし規制に引っかからないといっても使い方を間違えば危険を冒してしまう可能性があります。
できるだけドローンを使用する際には、人の少ない公園などで使用するようにしましょう。
ルールを守って使用すれば楽しく遊べるので、ドローンで遊んでみたいと思っていた方はぜひとも買ってみてはいかがでしょうか。


コメント(0)
写真を撮る際には皆さんスマホのカメラで撮ると思うのですが、スマホのカメラには1つ欠点があります。
それは「画質」です。
最近は高画質のカメラを搭載しているスマホも多いですが、やはり本格的なカメラと比べると画質は劣ります。
それでもスマホで本格的な写真を撮りたいと思っている方におすすめの商品がこちらです。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01JBTHFV2/ref=ox_sc_act_title_1?ie=UTF8&psc=1&smid=A2D7FAUB963JOA
使い方は簡単でスマホのカメラ部分にクリップでカメラレンズキットを挟むだけで本格的な写真が撮れます。
対応している機種ですが、iPhone 6s~4s、iPad Air2&1、iPad mini3&2、samsung Galaxy S6Edge~A5、Galaxy4&3に対応しています。
カメラレンズキッドの特徴は3つあります。
1つめは0.4X倍の広角レンズです。
これにより広い範囲を写真に収めることが可能です。
2つめはマクロレンズです。
これにより被写体を10倍までに拡大できるので、より細かい部分まで写真に収めることができます。
3つめは180°の魚眼レンズです。
これによりより臨場感の溢れる写真と撮ることができます。
やはりスマホに搭載されているカメラではこのような写真は撮ることができません。
インスタグラムなどに載せる写真を撮る際でもカメラレンズキットを使うか使わないかでは大きく写真の印象が変わります。
写真をよくSNSにアップする方はぜひとも買ってみてはいかがでしょうか。

コメント(0)

小学校だとシャーペンが禁止されているため鉛筆をよく使うと思います。
今はもう鉛筆を使う機会がない人でも、自分の子供が小学生で鉛筆をよく使うという方もいるのではないでしょうか。
鉛筆は使っていくうちに芯先が丸くなってくるので、鉛筆削りをする必要が出てきます。
やったことある方ならわかると思うのですが、鉛筆削りって結構めんどくさいですよね。
そういった手間を省くために電動えんぴつ削りがあるのですが、大体の電動えんぴつ削りはコンセントで動くようになっていると思います。
そのため自宅以外では電動えんぴつ削りを使うことはできません。
そんな方におすすめしたいのがこちらの商品です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07214M2QJ/ref=ox_sc_act_title_6?ie=UTF8&psc=1&smid=A3STFQL2Z8CHMW
こちらの商品では電池もしくはUSBの充電でしようできます。
そのため自宅以外でも学校などで使用することができます。
削る際にも太い芯先用と太い芯先用があるので非常に便利です。
また従来の電動えんぴつ削りより、耐久性の高い刃を使っているため10000回以上の鉛筆削りが可能となっています。
サイズもコンパクトなので学校に持っていく場合でも、机のスペースを取る必要がありません。
見た目もおしゃれなのでインテリア目的でも使えますね。
お子さんに小学生がいる方はぜひとも買ってみてはいかがでしょうか。


コメント(0)
ランニングをする際に音楽を聴きながらする方も多いと思いますが、そういった際にどういった方法で音楽を聴くでしょうか。
ほとんどの方はイヤホンで聴くと思います。
しかし、イヤホンの場合両耳が塞がれ外の音が遮断されるので、後ろから迫ってくる車の音に気付けず大変危険です。
そういった際におすすめしたいのが「骨電動イヤホン」です。
https://www.amazon.co.jp/allimity-%E9%AA%A8%E4%BC%9D%E5%B0%8E%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3-Bluetooth4-1%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-HIFI%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%A9%9F%E8%83%BD/dp/B01N5HDBY4/ref=sr_1_1?s=electronics&ie=UTF8&qid=1503585279&sr=1-1&keywords=%E3%82%B3%E3%83%84%E9%9B%BB%E5%8B%95%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3
普通のイヤホンは音で鼓膜を直接振動させるのですが、骨電動イヤホンの場合音で骨を振動させて、その振動で鼓膜を振動させることで音を感じることができます。
この骨電動イヤホンのメリットは耳がふさがれない点です。
先ほども言ったように普通のイヤホンでは両耳がふさがれてしまいます。
しかし、骨電動イヤホンの場合、両耳がふさがれないので後ろからくる車の音に気づくことができ、安全にランニングをすることができます。
またBluetoothにも対応しているためランニング中にコードが邪魔になることがありません。
デメリットとしては、やはり普通のイヤホンと比べると音質は多少悪いです。
ただ私も実際に使ってみての感想としては、ランニング中に音楽を聴く目的であれば十分差し支えない音質であると思います。
ランニング中に音楽をよく聴く方はぜひとも買ってみてはいかがでしょうか。

コメント(0)
寝ているときのいびきは一緒に寝る人の睡眠を妨げることとなるので、出来れば止めたいと思っている方も多いはずです。
しかし、寝ているときのいびきは自分の意志ではどうしようもないものです。
そんなときにおすすめしたいのがこちらの商品です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000V2F4BM/ref=ox_sc_act_title_7?ie=UTF8&psc=1&smid=AN1VRQENFRJN5
この商品の使い方は非常に簡単で、寝ているときの口にシールを貼るだけです。
また肌荒れしにくいシールになっているため、長時間口にシールを貼っても大丈夫です。
商品の値段が673円で21回分のシールが入っているので、1日大体32円程度で買えます。
口にシールを貼ることはいびきの防止にもなりますが、健康面でも非常に良い効果があります。
やはり鼻呼吸と比べると口呼吸は鼻毛などを介さず直接、空気を吸うので病原体などが入りやすくあまりよくありません。
起きている際は鼻で呼吸しますが、寝ているときは口呼吸になり病気の原因となっている方も多いと思います。
また子供の口呼吸はのどの奥の扁桃腺という部分が腫れてしまいます。
扁桃腺が腫れるとアデノイド顔貌という顎が後退した特徴的な顔になっていまうので、子供のいびきは必ず対策しましょう。
特に現代人はスマホをよく見るため、口元の筋肉が緩んでいるためいびきをかいてる方も多いはずです。
寝ているときのいびきが気になる方はぜひとも買ってみましょう。

コメント(0)
子供の頃は部活動などで運動をする機会がよくありますが、大人になってから運動をする機会はあまりありませんよね。
このままでは運動不足になってしまい、健康に悪いので自宅での筋トレ等の運動を始める方も多いと思います。
しかし自宅での筋トレでは物足りない、しかしジムに通うほど本格的にやりたいわけでもないという方もいるのではないでしょうか。
そういった方におすすめしたいのがこちらの商品です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000BT8TN0/ref=ox_sc_act_title_8?ie=UTF8&psc=1&smid=A100ATB4CPR36L
この商品はプッシュアップバーといい、腕立て伏せをする際に利用するトレーニング器具です。
トレーニング記事とは言え折り畳み可能であるため、自宅での置き場所に困ることはありません。
使い方は簡単で、プッシュアップバーを握り腕立て伏せをするだけです。
この器具では先ほど言った通り腕立て伏せをするのですが、鍛えられる個所は腕ではなく主に大胸筋です。
普通の腕立て伏せの場合、胸が手の位置より下に来ることはないのですが、プッシュアップバーではそれが可能になります。
そのため大胸筋が鍛えられるのです。
特に大胸筋は自分の体重のみで鍛える自重トレーニングでは鍛えにくい箇所となっています。
自宅である程度本格的に筋トレをしたい方は買ってみてはいかがでしょうか。

コメント(0)

パソコンにはディスクトップパソコンとノートパソコンの2種類があります。
職場や学校のパソコンはディスクトップパソコンである場合が多いと思いますが、自宅ではノートパソコンという人が多いのではないでしょうか。
今回紹介する商品は自宅でノートパソコンを使用する方向けの商品です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B072PPV2R5/

こちらのノートパソコンスタンドでは、商品画像を見たらわかる通りノートパソコンをディスクトップ化できます。
ノートパソコンのキーボードは大体ストロークの浅いものが多く、ペコペコしてタイピングしにくいですよね。
そういった際にこのノートパソコンスタンドを使用し、ノートパソコンをディスプレイ化しキーボードは自前の好きなキーボードを使用することができます。
また机が低いせいでノートパソコンの位置が低くなり、結果的に目線が下向きになっている方にもこの商品はおすすめです。
目線が下向きになると肩こりや腰痛がひどくなるのですが、ノートパソコンスタンドを使えばディスプレイを自分の目線と同じ高さに持ってくることができます。
また耐重量も10kgであるため、ほとんどのノートパソコンで使用できます。
折り畳み式で収納もしやすいので、ぜひとも買ってみてはいかがでしょうか。


コメント(0)
2016年は「PlayStation VR」のリリースもあり、VRが大きく普及した年でしたね。
いわゆる「VR元年」とも言われています。
あたかもそこにいるような感覚を体験できるVRですが、一つ大きな欠点があります。



それは値段です。
「PlayStation VR」は定価でおよそ5万5000円程度します。
もしPS4を持っていない場合はそちらも買わなければいけないので、合計で10万円程度します。
VRは体験してみたいけど10万円はちょっと・・・という方も多いと思います。
そんな方におすすめしたいのが、スマホで楽しめるVRゴーグルです。
youtubeをよく見ている方なら知っていると思いますが、youtubeには360°動画というものがあります。
この360°動画をVRゴーグルとともに使用することで簡単にVR体験をすることができます。
VRゴーグルには様々な商品があるのですが、今回はこちらの商品を紹介します。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01HT90GI0/
約1700円と非常にお手頃な価格です。
私もこの商品を実際に購入したのですが、感想としてはVRの体験には最適だなと思いました。
やはり安いだけあって画面の端に黒い枠が見えたりと本物のVRと比べるとクオリティは下がります。
そういうのは気にせずVRの雰囲気を体験してみたい人にとっては最適ではないでしょうか。
それほど大きな出費ではないので、VRがどんなものか気になる人はぜひとも買ってみてはいかがでしょうか。

コメント(0)
子供の頃は部活動などで運動をする機会がよくありますが、大人になってから運動をする機会はあまりありませんよね。
このままでは運動不足になってしまい、健康に悪いので自宅での筋トレ等の運動を始める方も多いと思います。
しかし自宅での筋トレでは物足りない、しかしジムに通うほど本格的にやりたいわけでもないという方もいるのではないでしょうか。
そういった方におすすめしたいのがこちらの商品です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000BT8TN0/ 

この商品はプッシュアップバーといい、腕立て伏せをする際に利用するトレーニング器具です。
トレーニング記事とは言え折り畳み可能であるため、自宅での置き場所に困ることはありません。
使い方は簡単で、プッシュアップバーを握り腕立て伏せをするだけです。
この器具では先ほど言った通り腕立て伏せをするのですが、鍛えられる個所は腕ではなく主に大胸筋です。
普通の腕立て伏せの場合、胸が手の位置より下に来ることはないのですが、プッシュアップバーではそれが可能になります。
そのため大胸筋が鍛えられるのです。
特に大胸筋は自分の体重のみで鍛える自重トレーニングでは鍛えにくい箇所となっています。
自宅である程度本格的に筋トレをしたい方は買ってみてはいかがでしょうか。


このページのトップヘ